大阪市は8日、建造に180億かけたものの、近年は入館者数が低迷していたため閉館が決まっていた海洋博物館「なにわの海の時空館」について、閉館日を3月10日と発表。

港湾とともに発展した大阪の歴史を学べる施設として、総工費約176億円をかけて平成12年7月に開館。年間60万人の入館者を見込んでいたが、近年は年間10万人程度にとどまり、赤字が続いていた。

このため大阪市の橋下市長が運営の見直しを指示。

民間業者が施設を再利用することになり、現在、事業者を募集しているという。

「「なにわの海の時空館」が3月10日に閉館!「浪華丸」も見納めか?」の続きを読む »

ニュース

NHKの人気番組「つくってあそぼ」が、今年3月で放送終了になります。

これに伴い、「ワクワクさん」を演じる久保田雅人さんに不幸があったとの噂もでました。

 

これは何の根拠もないデマだったようです。

 

久保田雅人さんは、1961年生まれの51歳。

そして本業は声優だったのですね。

 

確かにワクワクさんの声は、特徴があって、声にもハリが感じられます。

声優だったことに、なるほど!と、妙に納得してしまいます。

 

それにしても、あの「つくってあそぼ」が、とうとう放送終了してしまうのですね。

身近なものを使ってお手軽に楽しい工作が出来て、子供たちも楽しみにしてましたが・・・

「「つくってあそぼ」が終了!「ワクワクさん」久保田雅人の今後は?」の続きを読む »

芸能

「横道世之介」(沖田修一監督)の完成披露試写会に吉高由里子さんが登場した。

「こんなに好きになった映画は初めてに近い。本当にこの作品が好きです」と、この作品に対する並々ならぬ愛着を示した吉高由里子さん。

 

吉高は、おじぎをしないでステージに上がったが、その後登壇した共演者が全員おじぎする様子を見て、「気が動転して、1人だけお辞儀することを忘れてしまいました…」と苦笑いしながらその場で頭を下げ、会場を笑わせた。

 

同映画について、「(撮影中にスタッフから)過保護のようにかわいがってもらい、好きになった映画は今回が初めて」と話した。「『横道世之介』に関わることが終わってしまうのはすごく寂しい」と話した。 同席した俳優高良健吾(25)も「作品が自分の手元から離れていくのは寂しい。でもこの映画が1人でも多くの人に見てもらえると思うとすごくうれしい」と2人そろって同映画に対する愛着心を口にした。

「吉高由里子、出演映画「横道世之介」の完成披露試写会に登場!」の続きを読む »

芸能

奈良県の公式キャラ「せんとくん」に後輩が誕生しました。

その名は 「縁結び太郎」 

奈良県は、鹿の角を頭にはやした公式キャラクター「せんとくん」に続く新キャラ「縁結び太郎」を発表した。職員の名刺や印刷物などに活用する。

せんとくんの生みの親、彫刻家「籔内佐斗司」(やぶうちさとし)氏が考案。

奈良の長年の歴史や文化で培われたパワーを意味する造語「やまとぢから」のロゴもつけた。

握りしめる紅白の輪は、交流や縁を大切にする気持ちを込めた。ライバル出現に、せんとくんは「同じ兄弟。一緒に奈良を盛り上げよう」と先輩の余裕。

 

籔内 佐斗司(やぶうち さとし1953年5月13日 )

日本の彫刻家。東京芸術大学大学院教授。

1953年に大阪府大阪市で生まれ、東京芸術大学美術学部に入学。

その後は同大学で講師を勤めながら、仏像などの古美術の古典技法とその修復技術を研究、東京芸術大学が中心となって行った、保存修復に参加。

その後、1987年、彫刻家として活動を開始。

平城遷都1300年記念事業のマスコット「せんとくん」を制作。

また、NHKの教育番組「見える歴史」に登場する「とびマル」の人形デザインも手がけ、髪型を除いて「せんとくん」に似た容姿。

「せんとくんに後輩「縁結び太郎」!生みの親の彫刻家「籔内佐斗司」って誰?」の続きを読む »

ニュース

人工の臓器・血液を持つ「バイオニック人間」がイギリスのロンドンで公開となりました。

 

制作費は、なんと100万ドル(約9400万円)!

 

人工の臓器と義肢を持ち、体内には人工血液が流れているというから驚き。

 

私はどうしても、「エイリアン2」で印象的な、アンドロイドのビショップを連想してしまいます。

 

「Rex(レックス)」と名付けられた、まるっきり生きている人間の顔をした「バイオニック人間」ですが、これはロボット製作の専門家たちが、テレビ番組のために組み立てたものということです。

 

それにしては製作費といい、かなり大がかりなものですよね。

 

さすがイギリス!スケールが大きい^^

「「バイオニック人間」Rex(レックス)公開!ついにアンドロイド「ビショップ」が!?」の続きを読む »

ニュース

金利差調整分