スポンサードリンク

「バイオニック人間」Rex(レックス)公開!ついにアンドロイド「ビショップ」が!?

人工の臓器・血液を持つ「バイオニック人間」がイギリスのロンドンで公開となりました。

 

制作費は、なんと100万ドル(約9400万円)!

 

人工の臓器と義肢を持ち、体内には人工血液が流れているというから驚き。

 

私はどうしても、「エイリアン2」で印象的な、アンドロイドのビショップを連想してしまいます。

 

「Rex(レックス)」と名付けられた、まるっきり生きている人間の顔をした「バイオニック人間」ですが、これはロボット製作の専門家たちが、テレビ番組のために組み立てたものということです。

 

それにしては製作費といい、かなり大がかりなものですよね。

 

さすがイギリス!スケールが大きい^^

 

このRex(レックス)ですが、身長は2メートル。

 

肌は先進の人工装具技術が用いられ、顔の皮膚感などもまるで本物のようです。

そして人工の膵臓腎臓脾臓気管、そして人工の循環系が組み込まれているという。

 

 

しかし、バイオニック人間の技術もここまで来ているのですね。

もはや昔の夢は、夢ではないのかもしれませんね。

 

Sponsored Link



この記事は気に入っていただけましたか?

もしも面白い、役に立ったと思っていただけましたら、
下にあるソーシャルボタンで共有していただけると
とっても喜びます(〃ノ∀`〃)
 

関連記事一覧

コメントを残す




金利差調整分