スポンサードリンク

秋元康AKB放棄?炎上商法?万策尽きたと告白!恋愛自由?

AKB48総合プロデューサーの秋元康が23日、TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」(21:30~)に出演。
そこで「峯岸みなみの丸刈り騒動」やAKB運営の苦悩を告白している。

RHYMESTERの宇多丸が、番組中に唐突に「峯岸みなみの丸刈り動画」について、秋元に意見を求めた。

秋元は「本人が反省しているということを、ファンに伝えたいとして、ああいう(丸刈り)行動をとった。本人にとっては気合だったと思う」と説明。

秋元康 苦悩

後に大きな問題とされたことについては、

「メンバーの意志を尊重することと、世間からの見え方というのはは誤差を生むものだ」とし、

「それがまた大きなニュースになってしまい、更に当人に余計な負荷がかかる」と語った。

 

また、丸刈り姿については秋元もユーチューブで初めて見たということで、

「僕がいたらそこにいたら止めた」

「問題はそうまでして反省の意をみせたかったってことに、今までのスキャンダルと対峙する答えの難しさがある」と苦悩を語る。

峯岸みなみ 丸刈り

恋愛禁止ルールについて

「誤解を生むからもう言いたくない」と、しつつも、

「恋愛禁止条例は一つのネタとして歌にしたり、言ったりしているものの、決して恋愛が禁止というわけではない」と明言した。

 

そうした上で、

「たぶん高校野球で甲子園目指している人達は、恋愛なんてする時間は無いんじゃないかということ。ただ、どうしても本当に好きな人ができたなら、仕方がないという話はしている」とも話した。

恋愛禁止 画像

恋愛禁止ではないというが、ペナルティが現実としてあるのはどうしてか、という質問には、

「メンバー自身がスキャンダルが出た場合に、どうすればそれまで応援してくれたファンが許してくれるかを考える。それで離れてしまうことを選ぶか、イメージで言えば社会奉仕的な事をして残ることを選ぶかになる」と回答。

 

また、ペナルティがメンバーによって異なる理由については、

「まずそういうルールがないし、ペナルティの規則もないから。ずっと良くない噂があって、マネージャーから注意などがあった上での何かと、何もなく昔のことやあるいはキャラクターなどで何か考えることはあります」とした。

さらに、「さまざまな出来事があり、もう万策尽き果てた」と吐露し、「何をやっても狙っているように思われる。恋愛も自己責任で好きなようにして、彼氏がいることにファンのみなさんが悔しい思いをしながらも選ぶ事になるかも知れない」と胸中の苦悩を告白した。

 

秋元康氏については、まさに「何をやっても狙っているように思われる」人物なのかもしれない。
そしてそう思われることは、あながち的外れでもないのかもしれない。

ネット上では、

「また炎上商法か!?」
「とうとう手の付けられないAKBを放り出したくなったか・・・」

など、やはり秋元氏の真意を計りかねている様子だ。

Sponsored Link



この記事は気に入っていただけましたか?

もしも面白い、役に立ったと思っていただけましたら、
下にあるソーシャルボタンで共有していただけると
とっても喜びます(〃ノ∀`〃)
 

関連記事一覧

コメントを残す




金利差調整分