スポンサードリンク

生活保護費でパチンコだめ!兵庫小野市が独自条例案!市民が情報提供

兵庫県小野市が、生活保護費や・児童扶養手当を、パチンコ等で生活が維持できなくなるまで浪費することを禁止するという条例案を、今月27日から始まる市議会に提案する方針であることが22日、分かった。

小野市によると、条例案は受給者の責務として「パチンコ、競輪、競馬などに費消し、生活が維持できなくなる事態を招いてはならない」と具体的に明記するとしている。

市民が不正受給や浪費を見つけた場合は、速やかな情報提供を求めている。

また、不正については警察官OBが調査し、改善を目指すという。

罰則はないが、改善されなければ最終的には支給を止める。

厚生労働省は「生活保護などの適正受給を目指した条例は他に聞いたことがない」としている。

厚労省によると、生活保護費の受給者について、ギャンブルなどの浪費について明確な規定はないという。

 

「市民が不正受給や浪費を見つけた場合、速やかな情報提供を求めている」とあるが、これは難しいのではないか。

誰が生活保護を受けているかは、一般人は知り得ない。また、生活保護の不正受給者には暴力団関係者も多数含まれるという。

その点では警察OBを活用するというのもうなずけると言えるかもしれない。

 

ネットでは今回の条例に賛否はあるものの、おおむね反応は良いようだ。

 

娯楽としてのギャンブル。

もちろん受給者にも娯楽は必要だ。

”受給者の責務として「パチンコ、競輪、競馬などに費消し、生活が維持できなくなる事態を招いてはならない」”

この「生活が維持できなくなる事態」についての判断基準が、この条例のカギを握っているといえよう。

Sponsored Link



この記事は気に入っていただけましたか?

もしも面白い、役に立ったと思っていただけましたら、
下にあるソーシャルボタンで共有していただけると
とっても喜びます(〃ノ∀`〃)
 

関連記事一覧

コメントを残す




金利差調整分