スポンサードリンク

NHKツイッターが失言!「ネット弁慶は東北にボランティアに行け」

NHKの広報担当者がNHK公式ツイッターで、「中傷を撒き散らすネット弁慶は東北にボランティアに行ったほうがいい」などと発言したことが反感を呼び、ツイッターに批判が渦巻く「大炎上」となっている。

某大手掲示板でもスレッドが林立する事態に発展している。

こうした炎上についてNHKのツイッター担当者は、「東北の悪口を言った人に対する怒り」などと弁明。

しかし、辻褄が合わない言い訳だとして混乱がさらに拡大する事態になった。

「NHK広報局(ユル~く会話しますよ)」というタイトルのNHK公式ツイッターで、2013年2月19日未明、突然こんなんことをつぶやいた。

 

「ヘイトスピーチをまき散らすだけで、まるで何か世の中の役に立つことをやっている気になっているようなネット弁慶さんたちには、1度でいいから東北へ行ってボランティアでもしてきなよ、と言いたい。かなり本気で言いたい」

 

「ヘイトスピーチ」は、集団や個人を憎悪で差別したり、貶めたりする発言を指すもの。
「ネット弁慶」はインターネット上での発言や行動は威勢がよいが、実生活では小心者で臆病あることを指す。

 

このNHK広報担当者に対し、上から目線で非難し、指図するような態度は許せないとして批判がおこった。

当然の結果である。

 

「ネット弁慶はお前だろ!NHKの看板で、自分の名前を出さずに好き放題言ってるあたりもタチ悪い」

「東北に行ってボランティア『でも』してこい、だからな。東北やボランティアも内心バカにしてるのが出ちゃってるよね」

「NHKは反日放送局。さっさと潰れろや!」

 

などなど、まさに藪蛇な事態に発展。

 

 

NHK公式ツイッターの他人を批判するような発言。

「看板」を背負った者のする発言としては、「不用意な発言」だったと言わざるを得ない。

Sponsored Link



この記事は気に入っていただけましたか?

もしも面白い、役に立ったと思っていただけましたら、
下にあるソーシャルボタンで共有していただけると
とっても喜びます(〃ノ∀`〃)
 

関連記事一覧

コメントを残す




金利差調整分