スポンサードリンク

篠田麻里子「カワイイ区」区長を退任!原因は不透明な契約か?

福岡市は19日、市のPR活動の一環としてホームページ上に開設した仮想行政区「カワイイ区」の区長を務めていた「AKB48」の篠田麻里子(26)が同日付で退任すると発表した。


後任区長の選任については、公募など手法も含めて検討しているという。

カワイイ区を巡っては、昨年11~12月に市民ら4人から 「カワイイ女子を奨励していて男女差別を助長する」などと苦情が寄せられたことで、 高島宗一郎市長が今年1月、市男女共同参画審議会に対応策を諮問していたという。

市は今月15日に「篠田さんのイメージを損ねて申し訳ない」と、篠田側に退任を打診したという。

 

カワイイ区は昨年8月、の篠田麻里子(福岡県糸島市出身)を区長とし、市内第8番目の 「行政区」として開設され話題となった。

誰でもHPから住民登録でき、 2月19日現在で人口41,833人。

福岡の観光情報等を区民にメールで配信し、交流人口の増加を図ることを目的としている。

 

これらの経緯につき、様々な指摘がされているようだ。

篠田側の指定という異例の形で「カワイイ区」事業の業務を請け負った広告代理店最大手の「電通」との随意契約の金額は1,000万円に上っていたともいわれる。

こういった不透明な随意契約が指摘された矢先、市民4人から「カワイイ女子を奨励していて男女差別を助長する」といった苦情があった事を理由として、「カワイイ区」区長を退任することとなった篠田麻里子。

たった4人の苦情で事業を止めたとするならば、いったい何が出来るというのでしょうか?


高島 宗一郎(たかしま そういちろう、1974年11月1日)は、日本のアナウンサー、政治家。福岡県福岡市長(第35代)。
父は元大分放送アナウンサーの高島晋一郎。祖父は元豊後高田市長の倉田安雄。また親戚に元日本テレビアナウンサーの小林完吾がいる。

 

Sponsored Link



この記事は気に入っていただけましたか?

もしも面白い、役に立ったと思っていただけましたら、
下にあるソーシャルボタンで共有していただけると
とっても喜びます(〃ノ∀`〃)
 

関連記事一覧

コメントを残す




金利差調整分