スポンサードリンク

佐藤秀峰、改めて「フジテレビとは二度と仕事をしません」宣言

昨年10月にツイッターでフジTVへ絶縁宣言をしして話題となった「海猿」などで知られるマンガ家佐藤秀峰氏が、周囲から不自然な形でフジテレビとの和解を勧める声が続いていることを明かすとともに、「フジTVとは二度と仕事をしません」と、改めて宣言した。

佐藤氏は、以前にフジテレビからアポ無しで事務所まで突撃取材に押しかけられたことや、「海猿」関連書籍が契約書なしで販売されていたことに不快感を示し、自身のツイッター上で

「フジTVさんは信頼に値しない企業であると判断したため、今後は一切新規のお取り引きはしないことにしました」

と、発言し注目されたが、現在もフジテレビとの関係は完全には切れてはいないのだという。

 

佐藤氏によれば、このところ「海猿」の次回作のシナリオの断片らしき文章のコピーが送られてきたり、ファンを名乗る女子中学生から映画続編を希望する手紙が職場あてに来たり、フジテレビの副社長の知りあいだという女性から話を持ちかけられるなどといったことが相次いでいるという。

また、知り合いの編集さんから「うちの会社の顧問弁護士が『どうやったら佐藤秀峰を落とせるか教えてほしい』とフジテレビから相談された」と聞いたこともあるという。

大ヒット作である「海猿」の続編を是非とも作りたいフジテレビとしては、もちろん佐藤氏との和解を望んでいることだろうが、

佐藤氏は「フジTVさんには本当に怒っています。 もう関わる気もない」

「例えば映画『海猿』の続編などは絶対にありません」

と、関わる意思がないことを示しており、仮にフジテレビが佐藤氏との和解をこのような方法で進めようと画策しているのだとしたら、どうやら逆効果となってしまっているようだ。

 

佐藤氏はこうした出来事が続いたことで、

「『二度と仕事しない』という意味は、『二度と仕事しない』という意味なんですけど、どう言えば伝わるのかな…」

「どこかで不快に感じていることを意思表明しておかないと、さらに続きそうなので書いておきますね。 フジTVとは二度と仕事をしません」

と、改めてフジテレビとの絶縁宣言をしている。

 

映画「海猿」はキャスト、映像ともに素晴らしく、熱狂的なファンも多い。

続編について、フジテレビがだめなら他局で、と希望する声も多いようだ。

海猿 プレミアムDVD-BOX

Sponsored Link



この記事は気に入っていただけましたか?

もしも面白い、役に立ったと思っていただけましたら、
下にあるソーシャルボタンで共有していただけると
とっても喜びます(〃ノ∀`〃)
 

関連記事一覧

コメントを残す




金利差調整分