スポンサードリンク

ゲーリー・サトウ氏、全日本男子バレー監督に内定!経歴は?

日本バレーボール協会は18日、都内で記者会見を行い、ゲーリー・サトウ氏が全日本男子監督に内定したことを発表した。


サトウ氏はロンドン五輪で米国代表のコーチを務めた日系の米国人で、全日本男子バレーボールでは史上初の外国人監督となる。

今回の選考にあたってバレーボール協会の中野会長は

「ロンドン五輪の出場を逃し、日本はゼロから出発しなければいけなかった。日本人にはない新しい施策をしてくれるはず」

と、抜本的な改革を進めるため、国外からの監督を採用したという。

全日本男子監督には20名超の公募があり、昨年10月から計5回にわたり選考が行われた。

最終的には日本人監督とサトウ氏の2名に絞られたが、結果、サトウ氏が選ばれたのだ。

サトウ氏は米国代表のコーチとして、88年のソウル五輪の金メダル、92年のバルセロナ五輪の銅メダル獲得に貢献。

ロンドン五輪でも5位と、常に上位の成績を残している。

「論理的でデータに基づいたバレーをする」と中野会長が評価しているサトウ新監督のもと、日本は新しいバレーの構築を目指すことになるだろう。

なお、サトウ新監督は19日、監督内定の記者会見に出席する予定だ。

 

ゲーリー・サトウ(Gary Sato)(58)

日系アメリカ人のバレーボール指導者。

カリフォルニア州ロサンゼルス郡サンタモニカ出身。

6人兄弟の長男。妹のリアン・サトウと弟のエリック・サトウは、かつてバレーボールのアメリカ合衆国代表選手として活躍し、ゲーリー自身は断続的にバレーボールアメリカ合衆国男子代表のコーチを務めていた。

Wikipedia

また、サトウ氏は88年ソウル五輪で金メダルを獲得した米国代表でコーチを務めたほか、ビーチバレーの指導経験もあるという。

Sponsored Link



この記事は気に入っていただけましたか?

もしも面白い、役に立ったと思っていただけましたら、
下にあるソーシャルボタンで共有していただけると
とっても喜びます(〃ノ∀`〃)
 

関連記事一覧

コメントを残す




金利差調整分