スポンサードリンク

山本太郎がツイッターで「大阪の瓦礫焼却で母の体調が崩れた」発言

俳優の山本太郎(38)が2月17日、ツイッターで母親の体調が大阪での瓦礫焼却が始まってからおかしくなったと報告している。


山本は17日、ツイッターで

「大阪の瓦礫焼却が始まり母の体調がおかしい。気分が落ち込む、頭痛、目ヤニが大量に出る、リンパが腫れる、心臓がひっくり返りそうになる、など。 超健康生活の彼女はすぐ身体に反応が出る。 また引っ越しか。 国内避難民だな。」

と、大阪からの脱出も匂わせる発言をおこなった。

この発言に対し、ネット上では、

「私も娘の体調が心配です」
「根拠もないのに、瓦礫焼却のせいにしないでほしい」

など、反応はさまざまだ。

俳優の山本太郎は、11年、東日本大震災をきっかけに反原発運動を開始した。

所属事務所も辞め、各地で行われている反原発デモや講演などを中心に活動中。

また、昨年12月の衆議院議員総選挙では、東京8区から無所属で出馬。71,028票を獲得したものの落選している。

山本は昨年、「放射能汚染が深刻なため」との理由で、東京から大阪への移住を表明したばかり。

大阪府と大阪市、岩手県は昨年8月、2014年3月までに最大3万6,000トンの瓦礫の受け入れで合意。

この2月1日から本格的にゴミ処理工場での瓦礫焼却が始まり、1日約100トンの瓦礫焼却処理が続けられているという。

山本は、大阪府と大阪市による震災瓦礫受け入れに対して抗議を続けている。

Sponsored Link



この記事は気に入っていただけましたか?

もしも面白い、役に立ったと思っていただけましたら、
下にあるソーシャルボタンで共有していただけると
とっても喜びます(〃ノ∀`〃)
 

関連記事一覧

コメントを残す




金利差調整分