スポンサードリンク

イ・スンヨン事務所「脊椎骨折でプロポフォール投薬、不法ではない」

 病院でのプロポフォール不法投与疑惑を調査している検察が、プロポフォール投薬の疑いで女優パク・シヨン、イ・スンヨンなどの女性芸能人4人を調査したことがわかった。

 13日、検察などによるとソウル中央地検強力部は先月23日、女優チャンミ・イネを皮切りに、イ・スンヨン、ヒョンヨンを順番に呼び、今月初めにパク・シヨンを呼び出し調査したとう。

 彼女たちは、ソウル江南区一帯の整形外科や皮膚科で、睡眠誘導剤であるプロポフォールを数回投薬した疑いを受けている。

 検察は先月9、10日清潭洞一帯の整形外科と皮膚科7か所を家宅捜査し、診療記録や病院関係者の陳述で彼女らへの疑いをつかんだ。

 検察は、彼女らを相手にプロポフォールが麻薬と指定された後、施術目的以外で処方されたのか、投薬回数などを追及したと伝えられた。

 検察によると、パク・シヨン氏らは昨年、ソウル市江南区清潭洞などにある形成外科や皮膚科を受診した際、プロポフォールを常習的に使用していた疑いが持たれているという。


 
 4人のうち一部は、実姉など家族の名義を借りてプロポフォールの処方を受けたり、江南地区一帯の病院を転々としながら、1日に数回もプロポフォールの処方を受けたりしていた証拠を掴んだとのこと。
 
 4人のうち、イ・スンヨン、ヒョンヨン、パク・シヨンの各氏は「病院でプロポフォールの処方を受け使用していた。乱用しているという認識はあった」と供述。

 検察によると、各氏は「芸能人として美しさを保つため、美容施術を行ったついでに使用したもので、意図的に乱用したわけではない」と主張しているとのことだ。  

 韓国女優イ・スンヨンがプロポフォールを投薬したとして「不法ではないか」との声が上がる中、24日「脊椎骨折の治療のために使用したものであり、不法投薬ではない」と所属事務所が伝えた。
  
 イ・スンヨンの所属事務所は同日、イ・スンヨンが2003年撮影中に脊椎を骨折し、某病院で集中的に治療を受けたが、その治療の一環として医師の判断のもとでプロポフォール投薬を受けた」と説明。
 
 しかし、一度も治療目的以外で不法に投薬したことはない、法的に許可された脊椎骨折と皮膚科で皮膚ケア施術以外の不法なプロポフォール投薬は一度もなかったことを主張した。  
 
 事務所側は「脊椎骨折は、イ・スンヨンの持病として残り、初めから治療を受けていた医師の治療を現在も受けている」とし、「イ・スンヨンの脊椎骨折は日常生活に支障はないが、冬の寒い時期や多忙なスケジュールが重なった際に言葉では言い表せないほどの苦痛を伴う慢性病となった」と説明。  
 
 これを前に、プロポフォールの不法投薬疑惑を捜査中のソウル中央地検は、施術以外の目的で、睡眠誘導剤であるプロポフォールを投薬した疑いのあるタレント、チャンミ・インエを23日に捜査。  
 
 しかし、チャンミ・インエの所属事務所は、報道資料を通して「皮膚と全身管理施術のために06年から12年8月まで数回、病院で医師の処方に沿って全身麻酔をしたが、プロポフォールの不法投薬容疑とは無関係である」と主張。

うつせみ [DVD]

Sponsored Link



この記事は気に入っていただけましたか?

もしも面白い、役に立ったと思っていただけましたら、
下にあるソーシャルボタンで共有していただけると
とっても喜びます(〃ノ∀`〃)
 

関連記事一覧

コメントを残す




金利差調整分