スポンサードリンク

新垣結衣「ふなっしー」にぞっこん!?「どうやってその筋力を…」

「アサヒ 十六茶」の新CM発表会が4日、都内で行われた。
新CMは、新垣結衣が歌う「YMCA」の替え歌に乗って、全国各地のご当地キャラクター54体が踊るというものだ。

発表会には新垣が、共演したご当地キャラクターの

「ふなっしー」(千葉)、「にしこくん」(東京)、「滝ノ道ゆずるくん」(大阪)
らと共に出席した。

CMで着用しているバスガイドの衣装で登場した新垣は、

「スタジオでは、ご当地キャラクターに囲まれてテーマパークかなと思えるほどにぎやかでした」

と、CM撮影を振り返った。

新CMは全国で放送され、「ふなっしー」のジャンプも見られる。
全国バージョンと、ご当地版とがある。
ご当地版は各地10エリアに分かれたバージョンになるという。

1つのCMに計54体のご当地キャラクターが登場するのは、
CM史上初めてのこと(日本ご当地キャラクター協会調べ)。

新垣は、

「画面いっぱいにご当地キャラクターたちが元気に踊っていて、本当にいつにもましてにぎやかなCMになったと思います」

「先頭に立ってみんなを引っ張っていかないといけないので、負けないように頑張りました」

と、笑顔でCM撮影を振り返った。

「みんな同じ振り付けなんですけど、監督に『それぞれの個性を出して!』と指示されていました。モニターチェックしてると個性が出てて面白かったです」

と各キャラクターに興味津々の様子。

中でも最も印象的だったのは

「みなさん感づいていると思うんですけど、「ふなっしー」ですね。どうやってその筋力をつけているのでしょうか(笑)」

と、発表会中も終始飛び跳ねていた「ふなっしー」をあげた。

また、沖縄出身の新垣は、地元のご当地キャラクター「ピカリャ~」のイラストを披露した。

「八重山諸島なんて初めて描きました(笑)」

「撮影中も同郷っていう親しみがあって、俺たち仲間だよなみたいなそんな気分で撮影していました」

と、照れながらも、思いを込めて描き上げたようだ。

 

ガッキーは十六茶のCMのイメージキャラクターとなって、もう5年目という。

全然変わらないですね。

透明感がありスッキリとした十六茶のイメージにぴったりだと思います。

 

Sponsored Link



この記事は気に入っていただけましたか?

もしも面白い、役に立ったと思っていただけましたら、
下にあるソーシャルボタンで共有していただけると
とっても喜びます(〃ノ∀`〃)
 

関連記事一覧

コメントを残す




金利差調整分