スポンサードリンク

島田彩夏&高橋真麻が「アリス・イン・ワンダーランド」吹き替えを!


3月16日にフジテレビ系で地上波初放送される映画『アリス・イン・ワンダーランド』の「赤の女王」「白の女王」の吹き替えを、それぞれ同局の島田彩夏アナと高橋真麻アナが務めることが明らかになった。

「アリス・イン・ワンダーランド」は、ジョニー・デップ主演の映画で、

劇場公開時には、興行収入118億円を記録した、注目の話題作です。

 

フジテレビは、この映画の「赤の女王」「白の女王」の吹き替え役を、同局の女性アナウンサーを対象としたオーディションで決定することにしました。

 

結果、総勢27人の女子アナバトルが繰り広げられることとなり、島田彩夏アナと高橋真麻アナが選ばれました。

 

この吹き替えの声優の起用について、ネットでは不満の声が続出しているようです。

 

「本職にやらせろよ」

「フジって、こういうことするよね・・」

「最近の傾向として芸能人とかに声優やらせれば良い宣伝になる、みたいな感じになってるけど・・・」

「ありえない・・・プロがやるべきじゃん。。。女優さんすごい人たちなのに」

「観る気なくした・・・」

 

などなど、批判的な意見が多いようですね。

 

島田彩夏ってどんな人?

島田彩夏

島田 彩夏(しまだ あやか)


1974年5月12日生


AB型


配偶者 近藤正純ロバート(実業家)

 

 

 

オーディションをみる限り、それほど違和感はないかもしれない。

しかし、いち映画ファンとしてはプロの声優を起用して欲しかったと思ってしまいますね。

 

最近は声優に、話題のタレントなどを起用する傾向が強いように感じますが、
例え「吹き替え版」であっても、それが国内においては

「ひとつの映画をつくることになる」

ということを理解していただきたいと願います。

もちろん、選ばれたお二人には頑張っていただきたいと思いますし、責めるつもりもありません。

是非よい作品にしていただきたいと思います^^

Sponsored Link



この記事は気に入っていただけましたか?

もしも面白い、役に立ったと思っていただけましたら、
下にあるソーシャルボタンで共有していただけると
とっても喜びます(〃ノ∀`〃)
 

関連記事一覧

コメントを残す




金利差調整分