スポンサードリンク

朝倉さやのプロフィールは?山形弁で歌う!民謡歌手?はなまる出演!

朝倉さや
山形弁シンガーの朝倉さやが3月11日放送の「はなまるマーケット」に出演しました!

そこで、ゴールデンボンバーの「女々しくて」や、ZARDの「負けないで」などを熱唱しましたね。

あまりの上手さに驚きました・・・

 

さすがは民謡民舞少年少女全国大会で、何度も日本一に輝いたというだけあります。

すごい実力の持ち主ですね。

そんな訳で、すっかり惚れこんでしまったので、朝倉さやさんについて調べてみました。


朝倉さや
1992年6月29日生
山形県出身

民謡の魅力に取りつかれ、小学校2年生から本格的に習い始めたそうです。
また、4年生から三味線も習い始めたという。
朝倉さや根っからの民謡歌手なんですね。

話題になったきっかけは、ニコニコ動画で、

「残酷な天使のテーゼ」
「創聖のアクエリオン」

などの楽曲に三味線を取り入れ民謡調、また山形弁にアレンジして歌唱したものを投稿していったことで、じわじわと人気が出てきたようです。

山形弁で歌うと、むちゃくちゃインパクトがありますからね。一度聴いたら忘れられないでしょうw

 

また、この正月には、テレビ朝日「あの名曲を方言で熱唱!新春 全日本なまりうたトーナメント」に出場していたようです。

その時の動画を見つけたので貼っておきます。

 

そんな彼女ですが、来月4月5日にデビューシングル「東京」でメジャーデビューを果たします。

「東京」は、
誰もがもつふるさとへの愛情・想いをしたためた泣き歌で、自身の作詞・作曲によるものだそうです。

これは応援せずにはいられません!

山形弁バージョンが気になります。

しかし、なまらなくても抜群の歌唱力ですね~。
ウケ狙いのモノマネではなく、本物だと感じます。

今年、注目のシンガーです!「歌姫」と呼ばれる日も近いのではないでしょうか。

Sponsored Link



この記事は気に入っていただけましたか?

もしも面白い、役に立ったと思っていただけましたら、
下にあるソーシャルボタンで共有していただけると
とっても喜びます(〃ノ∀`〃)
 

関連記事一覧

コメントを残す




金利差調整分